春季彼岸会法要

彼岸とは

お彼岸は日本独自の行事です。彼岸とは“彼の岸”つまり、仏さまの世界(極楽)を意味し、私たちが暮らしている苦しみや迷いが多い世界(此岸)から仏さまの世界に渡ることを“到彼岸”と呼びます。
昼夜の時間が同じになる春と秋のお中日を中心として前後3日の合わせた7日間が「お彼岸」の期間とされ、昔から人々は先祖の墓参りをしたり、お寺で経をあげ、先祖の供養をしてきました。

寒い冬が去り、暖かくなって草も木も芽を出す季節です。あなたも、仏さまの教えを聞きにお寺に来てみませんか。
法音寺では春分の日に「春季彼岸会法要」を執り行います。
あたたかい甘酒とうどんを用意してお待ちしています。

春季彼岸会法要について

日時 2019年 3月21日(木・祝) 11時〜
場所 法音寺 大本堂にて
申込 事前申込みは不要です。直接お越しください。

アクセスマップ

大きい地図で見る

お彼岸供養受付中 お申込みは法音寺(052-831-7135)まで